top of page

今から10年前、故郷ブダペストで出会った愛する人と人生を分かち合うために、クラリネット奏者、コハーン・イシュトヴァーンは東京へとやってきた。23歳のコハーンにとって、遠い異国での暮らしはカルチャーショックの連続だった。生活も音楽も、全てがハンガリーとは違っていた。

 

この10年、コハーンは日本の文化や慣習に影響を受けながらも、ヨーロッパのアイデンティティを大切に守り続けてきた。ステージに立つ以上、表現には限界を設けない。そうしたスピリットは、祖国ハンガリーでの少年時代に培われたものだ。コハーンの演奏は日本でも高く評価され、日本音楽コンクールをはじめとする数々のコンクールでの優勝も成し遂げた。しかしコハーンの表現に対する飽くなき探究心は、調和を重んじる日本社会のなかで、ときに違和感をももたらした。控えめな美を尊ぶ日本人から見たら、自分は常軌を逸しているのではないか。どんなに日本人になろうとしても、自分のなかのハンガリーの魂を消し去ることはできない。コハーンが自身の日本デビュー10周年記念リサイタルに『かぶきもの』というタイトルを与えたのは、そんな想いからだった。

 

リサイタルの冒頭を飾るコハーンの新曲《かぶきもの》は、日本という舞台でがむしゃらに舞う自分を描いた自画像である。クラリネット1本でどれだけの音楽表現が可能なのか、コハーンはその限界を超えていく。

《ラプソディ》第1番は、ドビュッシーがパリ音楽院の試験課題曲として書いた作品。コンクールの課題曲の定番であり、クラリネット奏者なら誰もが学ぶレパートリーだ。奏者のテクニックを問うパッセージの奥に隠された、ドビュッシーの色彩の魔法をコハーンは紐解いていく。

最晩年のブラームスによるクラリネット・ソナタ第2番は、コハーンが「クラリネットのために書かれたもっとも美しい音楽」と語る傑作。コハーンの深い呼吸によって紡がれる哀愁に満ちたフレーズを、萩原麻未のひろがりのあるピアノが優しく包み込む。

バルトークの《コントラスツ》では、東欧音楽の真髄に触れることができるだろう。コハーンが共演者に選んだのは、もうひとりのかぶきもの、滝千春。コハーンはヴァイオリンの固定観念を打ち破る滝の演奏に共鳴し、多くのコラボレーションを重ねてきた。ふたりのかぶきものによるエキサイティングな対話に、思わず身体が揺さぶられるはずだ。

リサイタルを締めくくるのもコハーンの新作《ヘブライの風景》。この作品は、尊敬するバルトークの名曲《ハンガリーの風景》へのオマージュである。クレズマー音楽の調べに導かれて、コハーンのノスタルジアが過去から未来へと運ばれていく。

 

コハーンが来日以来考え続けてきた問いの答えには、現代の日本で生きる私たち一人ひとりの内面も映し出されているのではないだろうか。リサイタル『かぶきもの』は、コハーンの音楽を通して、自分自身の10年を見つめる時間となるかもしれない。

 

 

八木宏之(音楽評論家)

かぶきもの コンサートチケット 一般

¥4,090価格
    bottom of page